たくさんの借金で苦しんできた

借金地獄に陥り、債務整理を視野に入れ始めたところでまず問題となるのが弁護士あるいは司法書士に頼むにしてもどこの担当者がいいかでしょう。多くの弁護士事務所では初回の相談が無料となっています。無料相談での対話を通じて、信じてもいい担当者なのかどうか見定められるでしょう。

それから、法テラス(法律に関する問題で困っている人を支援する公的機関)でも相談は無料となっています。保証人がついたお金の借入の場合は、保証人も借りたお金の整理の影響範囲に入ります。

どうやって債務整理をしたかでその影響はそれぞれで、任意整理や特定調停の場合には書類の記入をして貰うことにはなるものの、保証人が借金の取り立てをうける事はありません。 ところが、個人再生、もしくは、自己破産だと、保証人に直接請求をすることが債権者に認められるので、請求された全額の支払いを保証人が変りに行う必要が生じます。
時々、勘ちがいしている方がいるのですが、独身時代に債務整理をした人は、結婚したからといってブラックでなくなる所以ではありません。ローンなどの審査をする時、金融機関は名前だけでなくその他の個人情報を組み合わせて信用情報機関をチェックします。要するに名寄せを使っているのです。なので、苗字が変わった程度ではブラック状態は続くと思っておいて下さい。 他の借金の整理の方法と同様、過払い金請求の手続きも個人で可能です。

この手続きでは、まず取引履歴の開示請求をしますが、ひょっとするとその際ゼロ和解の申し入れをされる場合があります。
残っている債務をゼロにしてこの話の幕引きにしませんかという申し入れです。

もし取引履歴を確認する前にOKしてしまえば一体どの程度の過払い金があるのか不明に終わってしまいます。
軽はずみにゼロ和解をすると大損になってしまうかもしれません。
返せない借金